あごにシリコンを注入する美容整形法とその概要

あごにシリコンを入れる方法は、美容整形業界では一般的で、効果と安全性の両方が確認されています。日本人の骨格は、欧米人に比べると歯が前に飛び出しやすく、出歯や口を突き出した状態になりがちです。シリコンをあごに注入する美容整形術は、骨格の矯正効果を発揮することで、このようなコンプレックスの問題を解消します。鼻とあごを結ぶEラインは、美しさを評価する基準になっていますが、美容整形でシリコンの注入を行うと、骨格的な美しさが向上します。あごにシリコンを入れる、具体的施術の概要としては、プロテーゼと呼ばれる軟質の材料を、口の内側から挿入する方法が挙げられます。この方法であれば、体が拒絶反応を起こすことはなく、傷口が目立つ心配もないので、比較的安心して選ぶことが可能です。

あごの理想的な形が希望出来るシリコン

人体と親和性の高い材質は、拒絶反応のなさを始めとして、自然な見た目が実現する、理想的な素材の選択に結び付きます。あごに入れるシリコンは、まさに美容整形の理想的な素材の一つで、これまで多くの患者のコンプレックスを解消しています。出ている骨を削りたい、という場合には向きませんが、引っ込みがちでバランスが悪く、もう少し突き出して見た目を整えたい時に有効です。あごにシリコンを入れても、人体の免疫系は体の一部と認識するので、拒絶反応や問題が生じることはまずありません。むしろ、自由にあごの形をデザイン可能なので、シリコンはコンプレックスの解消に対する、現実的な答えと考えることが出来ます。あごの悩み解消は、シリコンを使った美容整形がおすすめで、半永久的に安全性の高い効果が得られます。

シリコンは理想のあごが決まった後に最適

あごの形を整える方法は、シリコン以外にもヒアルロン酸や、それより持続性の高い、持続剤を注入する選択肢もあります。ヒアルロン酸は、あごにシリコンを入れる施術とは違い、半年から1年しか効果が持ちません。ただ、理想的なあごを求めたり、美容整形を試したい場合に最適なので、ヒアルロン酸で確認してから、シリコンで半永久的に形を固定する流れが選べます。形状の持続性がある注入剤は、ヒアルロン酸に比べれば持ちますが、最長1年半程度なので、効果としては中途半端です。あごの理想的な形が決まったらシリコン、様々な形状を楽しんだり、試したい時はヒアルロン酸を使い分けることで、満足のコンプレックス解消が実現します。シリコンは柔軟性があるものの、一定の形を保ち続けるので、あごの形を徹底的にデザインしたり、細かく調整してから矯正したい場合にも適しています。施術時間は、長くても30分程度で済みますし、ダウンタイムは1週間から2週間といった所です。1回あたりの費用は高額ですが、何度も繰り返す必要のある方法に比べれば、少ない回数で持続性が得られる点が魅力となります。

2割から最大5割引き。 顎顔面外科と美容外科のエキスパートによる美容顎顔面外科専門のクリニックで、顔面骨格のご相談に特化。 当院は、顔面骨格形成のエキスパートと最適な医療環境を取り揃えております。 機能性と美しさを求めた顔の骨格形成で、正しくバランスのとれた顔面骨格と調和のとれた歯列の矯正を。 モニター割引あり。 銀座を中心に神奈川県にも出店しております。 あごへのシリコンもご相談にのります