シリコン注入はどのようなあごの方に有効なのか

あごの形が気に入らない人は、美容整形外科でシリコン注入の手術を受けるようにしてください。あごが短すぎたり、小さいと、横顔のバランスが悪くなってしまいます。足りない分をシリコンで補えば、シャープなラインに生まれ変わるので、横顔に自信を持てるようになるでしょう。年齢が高くなると、あごがたるんで、顔が長く見えることがありますが、シリコンを注入すれば引き上げられるので、フェイスアップ効果もあります。たるみの症状がひどくなると、顔が大きく見えるようになりますし、老けて見られてしまいますが、あごにシリコンを注入すれば、引き締まった、若々しい顔立ちになれます。名医のいる美容整形外科に任せれば、自然な仕上がりになりますから、まずはカウンセリングを受けるようにしましょう。

あごの大きさが足りない方におすすめ

あごが後ろの方に引っ込んでいる人や小さい人、あごが割れた状態になっている人は、横顔が美しく見えないので、それを改善したいときはシリコンを注入するようにしてください。美容整形外科に行くと、それぞれの人のあごの状態に応じて加工したプロテーゼを挿入してくれるので、自然で、美しいフェイスラインを手に入れることが出来ます。プロテーゼの素材の多くはシリコンで、人間の軟骨に近く、人工心臓や人工関節の素材として使われているので、体内に入れても特に影響はありません。変形したり、変質するようなこともなく安全で、衝撃への耐性もあるので、あごや鼻のラインを整えるときには最適な素材です。プロテーゼが安定すれば、メンテナンスをしなくても良いので、術後の定期的な通院は必要ありません。

シリコンを挿入する際の手術の方法は

あごの形を整えるためにシリコンを挿入する際は、下唇の口腔内粘膜を3cmほどメスで切開し、アゴ骨の上にスペースを作ってから、シリコンプロテーゼを挿入するのが、一般的な手術方法です。口の中を切開しますから、術後に傷跡が目立つようなことはなく、誰かに気付かれる心配もありません。日本人はあごが引っ込んでいて、平べったい顔に見える人が多いですが、この手術を受ければ、口元が引き締まり、シャープな印象の顔立ちになれます。シリコンを挿入すれば、長さを出したり、高さを加えることが出来るので、理想のフェイスラインに生まれ変われます。いくつもの症例をこなしてきた名医に任せれば、納得できる仕上がりになるので、美容整形外科を選ぶときは口コミの評判を調べ、実績を確かめてから行くようにしましょう。